忍者ブログ

小葵花中国語 in 常熟

常熟の語学学校「葵(あおい)中国語教室」のブログです。

橋、箸、端・・・(日本語的中国語発音からの脱却のヒント!)

emoji以下、日中言語対照研究を専門とされている有名な教授に聞いた話です。

ある程度中国語ができるようになってからも、どこか中国人のしゃべる中国語と違う、日本人特有の癖が抜けきらない中国語をしゃべる人がいる。発音や声調は合っているので、往々にしてどこがおかしいのか見つけにくい。どこがおかしいかわからないので、直しようがない。直しようがないので本人も悩んでしまう。

実は、日本語の高低アクセント(ほぼ強弱アクセントと連動している)には、中国語と異なった大きな特徴があります。それは、

というルールです。
 つまり日本語には高い音の連続、低い音の連続が本来ないのです。
例を挙げると、
橋は、はし(●○)   箸は、はし(○●)
日本語の標準アクセントでは、橋は「は」が高く「し」が低い、箸は「は」が低く「し」が高くなります。
この癖がどうしても抜けきらず、たとえば
钱包(2声+1声)、终于(1声+2声)、一年级(1声+2声+2声)、梅云(2声+2声)
のように、最初の音節で高く終わったあと、後ろで再び高くしないといけない単語で、上げきれず尻すぼみになってしまう。

多少(1+軽)なら問題ないが、多少?と質問の形にして、高いところからさらに引き上げる必要のある時は、もうお手上げとなる。

なるほどemoji ですね。

 中国語は2音節語が基本。そして中国語の2音節語はほとんど後ろの音節に力点を置いて発声する、というのは初期の頃に習う基本ですが、母国語の影響力というのはかくも大きく、しっかり習得するには意識して修正していく必要があるようです。

 では日本語に高い音の連続がないかというと…
実はあります!
橋、箸、端(ha shi)というのは標準語と大阪弁ですべてアクセントが違いますね。
下の図のように、大阪弁では端は高い音の連続(平板音)となる傾向があります。

    標準語   大阪弁
 箸   ●○     ○●
 橋   ○●     ●○
 端   ○●     ●●
関西人は中国語の上達がはやいというのもちょっとうなずけますね。emoji

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

出張が決まったら

プロフィール

HN:
あおい
性別:
女性
職業:
常熟中国語教室教師
自己紹介:
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
あおい中国語 応援クリックよろしく

中国語 ブログランキングへ
常熟で生まれて常熟で育ちました。AOI中国語は2013年11月に開校したに新しい常熟中国語学校です♪ 
changshu@aoi-cj.com
常熟市海虞北路5号华府世家C215 常熟小葵花日中交流センター

PR~

ブログ内検索

最新コメント

[06/07 エルメスコピーボリード31]
[05/20 辻]
[05/09 常熟大好き!]
[03/11 こん]
[03/08 お節介じい]

常熟中国語教室

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

画像から記事へジャンプ

忍者カウンター

Copyright ©  -- 小葵花中国語 in 常熟 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]